3Dプリンター、低温調理、家具作り、電子工作など、ものづくりに関する記事が中心のブログです

2019年に買ってよかったものベスト3

年末シリーズ第二弾。

2019年に買ってよかったものを紹介したいと思います。

第3位:iPad Pro(第3世代)11インチ

この画像のように、本を読みながらメモをするなど、2つのアプリケーションを同時に使う機能が気に入っています。

こちら、発売は2018年ですが、2019年の後半になって購入しました。

この時期になって買おうかなと思ったきっかけは、仕事で手書きでアプリの画面遷移を書いたり、手書きメモすることが増えてきたこと。

さらには夫や同僚がiPad Proを使っていて仕事が捗っている様子を見ていたこと。

2019年にiPad(第7世代)というApple Pencilにも対応したコスパのいい機種もあったのですが、

悩みに悩んだ末、こちらにしました。

決め手は「買ってから後悔する可能性があるなら一番いいやつを買っといたらええやん」という旦那の一言。

もう「そうですね」としか言えなかった。笑

結果、iPad Proにして大正解!

iPad Pro(第3世代)11インチにしてよかった理由

理由1:スピーカーが4つついているので音質がいい

なんだかんだで一番使っているのは動画視聴。

iPad Miniも持っているのですが、音が片側からしか聞こえないのでやっぱりしょぼい。

理由2:Apple Pencil 2

Apple Pencil 2の特徴はTouchサーフェスがあることと、マグネットで充電できること。

Touchサーフェスはペンをダブルタップすると機能の切り替えができたりする機能。これは正直あまり使っていないのですが、マグネット充電はでかいです。

やっぱ、PencilをLightningに刺すのはその姿がちょっとダサい・・・

理由3:とりあえず持ち歩こうと思えるサイズ

大きさも12.9インチと迷いましたが、私は持ち歩きを重視して11インチにしました。

これならハンドバッグにも入るし、ちょっとカフェに行くときにも持っていけるかなと。

結果、使うかわからないときもカバンにとりあえず入れとこうと思えるので「持ってくればよかった」と思うことがなくなりました。

SIMモデルがいいかどうかはまだ不明

ちなみにSIMモデルにしてみましたが、Wi-Fiに繋がるところにいることが多いので今の所SIMは入れていません。

以前セルラーモデルを使用していて非常に便利だったのでいつか役立つと信じています。

カスタマイズ

より使いやすくするために2つのカスタマイズをしました。

ペーパーライクフィルム

Pencilが画面上で滑りやすかったので、同僚のススメで、紙に書いているような感覚にできるペーパーライクの画面シートを貼りました。

いくつか比較して評価のよかったこちらに。

iPad Pro 11用 ペーパーライク フィルム(Amazon)

画面はちょっとマットな感じになりますが、書き味を重視する人にはおすすめです。

3Dプリンターで作ったPencilホルダー

このPencilもちろんマグネットでくっつくのですが、かばんに入れたりするときにたまにペンが外れてしまうことがあります。

夫はそれで一度ペンシルをなくしていて、これ一本1.5万円するので結構な痛手。。

ということで、自宅の3Dプリンターでペンシルホルダーを作りました。

おかげでペンは一度も外れていません。

第2位:Pixel 3

こちらも発売は2018年末でしたが、2019年の始めに購入しました。

iPhone 3G(日本で発売された最初の機種)からずっとiPhoneユーザーだった私にとって、これはかなり大きな決心です。

パソコンもMacだし、Apple WatchもiPadも使っているのでiPhoneではなくなることは大きな変化となります。

Pixelに変えてよかった理由

理由1:広角なインカメ

一番はインカメです!

こちらとか人に撮ってもらったように見えません?腕若干無理してますが^^;

広角機能が非常に便利で、職場でも自宅でも非常によく使っています。

ちゃんと画像補正をしてくれるので端っこの人も顔が伸びません。

それが故にこの機能がなくなってしまったPixel 4には手を出す気になれません。

理由2:ポートレートモード

Googleの画像処理が素晴らしいです。特にポートレートモード。

iPhoneのほうがカメラはいいはずなのに、ポートレートモードのぼかし方は不自然なことも多い中、Pixelはかなり自然にぼかせます。

こちらがiPhone Xを使っていたときのポートレートモードの写真。

画像はきれいだけど、透明なものの処理が苦手なようです。

一方でこちらがPixelのポートレートモード。

若干怪しいところもありますが、かなり自然です。

ポートレートモードで撮るときの距離もiPhone Xより接写することが可能です。

iPhoneのときは結構被写体からカメラを離さないと撮れませんでした。

理由3:指紋認証

指紋認証ができるのもでかいです。

iPhoneが顔認証になってからはマスクの時期、非常に不便でした。

これもPixel 4では廃止してしまったところですね。残念。。

ちなみに、iPhoneやiPadの顔認証は顔にパックをしていても、何回かパスコードで解除しているうちに学習してくれますよ!笑

第1位:ルンバi7+

第一位はルンバi7+!

これは、語尾についている「+」が重要!!

ルンバi7+を買ってよかった理由

理由1:半年間ゴミ捨て不要

こちら、ただ掃除をするだけではなく、吸ったゴミをクリーンベース(写真右)というところにためてくれるのです。

公式には「ダスト容器30杯分」までためられるということですが、

7月に我が家に来て、3日前に初めて中のゴミを出したので、

なんと約半年もゴミ捨てせずに済みました!👀(個人差があります)

こちらがゴミをステーションに吸い上げる様子。ぶいーん。結構な音ではある。

基本的に家にいない時間に掃除をしてもらっているので音は気になりませんが、 家にいるときに動くとちょっとうるさいかな。

でもちょっと大きめの掃除機の音くらいなので慣れれば大したことありません。

以前持っていたロボット掃除機は毎回ごみ捨てが必要で、それが面倒で結局手で掃除機をかけていたので、

これは半年間メンテナンスなしで使えたので本当に最高に家事の手間が大幅に軽減されました。

ちなみにハンドクリーナーはマキタのコードレスタイプを使ってますがこれも最高にいいですよ。

ルンバが来てから使用頻度はかなり減りましたが、それでもやっぱりルンバが入れないところや緊急時には便利。

理由2:掃除したいところだけを掃除できる

こちらには自動で家のマップを作ってくれる機能があります。

アプリで部屋を分割して「洗面所は毎日」「それ以外は週3」みたいなこともスケジュールに入れられちゃいます。

理由3:アプリで進入禁止エリアが設定できる

付属でバーチャルウォールが1個ついてますが、これを使わなくてもアプリで進入禁止エリアを設定できます。

自分で四角を描くので、ちょっと現実世界とのマッピングが難しいんですけどね。






・・・で、こちら、すごくいいことは分かったんだけど、お高いんでしょう?

そう。これ、142,868円(税込み)もするんです。。。

そこで見つけたのが定額プラン。

レンティオ(iRobot公式)

こちら月々4,180円(税込み)でレンタルできるのです。

さらに3年間借り続けるともらえる仕組みです。

3年間借りると、総額150,480円(税込み)なので普通に買うよりはお高くなりますが、

一括で買うインパクトに比べるとこのくらいいいかなと思います。

最悪2年目以降は違約金なしで解約もできるので、新しい機種が欲しくなれば乗り換えもしやすいです。

実際海外では新しい機種が出ていますしね。

番外編

ということで、2019年に買ってよかったものベスト3でした。

結果的にベスト3はすべて10万円を越えるものになってしまったので、もう少し安い価格帯で買ってよかったものも紹介したいと思います。

やっぱり高いものはそれだけ本当に欲しいのか慎重になるので、その分満足度も高いんですね。

Vitantonioのコードレスブレンダー

こちらのコードレスブレンダー、正直トップ3に入れてもいいくらいめちゃくちゃ使ってるしすごくいいです。

コードレスなので場所を選ばないし、キッチンカウンターにも置いておけるくらいコンパクトなので使いたいときにすぐに使えます。

ただ、一つ不満があります。

こちら別売りの容器を買うと、フードプロセッサーのように使えるのですが、それがしょぼい。

結構食材を小さく切らないとすぐに引っかかって止まっちゃうし、

洗うと中に水が入って分解ができないので衛生的にも気になる。

そして数日前にその容器が壊れてしまいました。。

ただ、ブレンダーだけを使うのであれば買い換えるとしても絶対にコードレスにします!めちゃくちゃいい。

iittalaのAalto Vase(花瓶)

300円くらいのお花がなんだか高級に見えます。

きっかけは、花瓶として愛用していたCHEMEXのコーヒーメーカー(写真右)を割ってしまったことでした。

以前、引越し祝いで頂いたものなのですが、コーヒーが苦手な私は「これはおしゃれだし花瓶にぴったし!」と思い使っていました。

割れたときは本当に悲しかった。。ちょっと倒しただけなのに。。

Aalto Vaseはお花が入ってなくてもおしゃれなので、そのままインテリアになるのもよいです。

ちなみにこちら、現地の方が絶対に安いたろうと思って、仕事でフィンランドを経由したときに買おうと思ったら、なんと楽天のほうが安かった!

なので、フィンランドから、楽天をポチりました笑

Philips Sonicare(電動歯ブラシ)

こちらは、友人から1本プレゼントで頂き、とてもよかったので夫用にも買い足しました。

比較をしたことがないのでこの機種がベストかはわかりませんが、

かなり充電が持つので今は場所の節約のために充電器1つだけで2本を運用しています。

ダイソーのお皿

こちら、ミナペルホネンのタンバリン風ということでネットで話題になっていたのでダイソーに行ったら売ってたので買ってみました。

うちに1枚だけ本物のタンバリンがあるのですが、正直全然違います。笑

ちなみにこちらが本物のタンバリン。

やっぱりタンバリンおしゃれだな。

でも、なによりこれは100円です。100円だから気兼ねなく使えるのがいいですね。

Awayのスーツケース

こちらは夏にイギリスに行ったときに購入したスーツケースです。

日本ではまだ売っていないようですが、アメリカのブランドで、ロンドンにショップがあるということで行ったときに衝動買いしました。

こちら、取外し可能なモバイルバッテリーが内蔵しているので旅行中に便利です。

また、全面にポケットが付いているタイプを買ったので、ここにパソコンとiPadを入れても余裕があります。

そしてなんといっても生涯保証がついているのです。

ちょっとお高いですが、生涯保証を考えると全然高くありません。

おわりに

写真を見返していると次々に買ってよかったものが出てくるのでキリが無くなってしまったのでこの辺にしておきます。笑

ということで、2019年に買ってよかったものでした。